UPSは引き続きCOVID-19ワクチンの配布を支援

プレスリリースを読む プレスリリースを読む プレスリリースを読む

ジョージア州アトランタ

UPSは、ModernaのCOVID-19ワクチン配送で、McKessonと提携

UPS(NYSE:UPS)は引き続き、グローバルな医薬品・医療製品販売企業であるMcKessonと提携して、COVID-19ワクチン配布への取り組みを行います。Operation Warp Speedを支援するための疾病管理予防センターおよび事前準備・対応担当次官補局との契約を通じて、McKessonは超低温での冷凍が不要なCOVID-19ワクチンと補助サプライキットの一元化された流通業者となっています。McKessonとの契約で、UPSはModernaのCOVID-19ワクチン配布を開始します。このワクチンは、本日米国食品・医薬品局の緊急使用承認を取得しました。

「これは歴史的なロジスティクスの偉業であり、UPS Healthcareはこの取り組みの一翼を担えて光栄に思います」と、UPS HealthcareプレジデントのWes Wheelerは述べています。「品質重視、患者主導というのが当社の信念であり、それぞれのワクチンの最後には、このパンデミックからの救済を願う患者さんがいることを知っています。この継続的なキャンペーンで、当社は中心的な役割を担っています。」

UPS Healthcareについて

UPS Healthcareは全世界に、1000万平方フィート(約92.9万平方メートル) 以上のcGMPまたはcGDPに準拠したヘルスケア配送スペースを有しています。UPS ヘルスケアのサービスには、次のものが含まれます。在庫管理、温度管理された梱包と出荷、医療機器の保管とフルフィルメント、ラボ、臨床試験ロジスティクス。UPS ヘルスケアのグローバルインフラストラクチャ、最新のUPS Premierビジビリティサービス、トラック&トレーステクノロジー、およびグローバル品質システムは、医薬品、医療機器、およびラボ診断業界の複雑なロジスティクスの需要に十分に応えるものです。ups.com/healthcareをご覧ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink